頭を使う事が苦手な私は、難しそうなドラマや本はあまり見たり読んだりしません。

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

頭を使う事が苦手な私は

頭を使う事が苦手な私は、難しそうなドラマや本はあまり見たり読んだりしません。
しかし、検事にスポットを当て、型破りな風貌や立ち振る舞いをしながらも、自分の信じた正義の為には努力は惜しまない久利生検事と、その仲間のストーリーを描くドラマ「HERO」だけは、法律などが絡む話ですが大好きで見ていました。

バーテンダーの注文に対して「あるよ」の名セリフや、久利生検事のハマる通販グッズなど、コメディの要素もたくさん散りばめられているのと、主役の久利生検事と検察事務官の雨宮舞子の恋は発展するのかというサブストーリーもあり、法廷のシーンなど難しい用語が出て来てもバランスが取れていて、楽しく見られました。

作品としては、実際はこんな検事さんはいないよと思いながらも、1つ1つの事案に納得いくまで動いてくれる久利生検事には毎回感動させられるのと同時に、自分自身の仕事への取り組み方を見直させられました。
続編もあるので、こちらも楽しんでいます。

Copyright (C)2017法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き.All rights reserved.