法廷モノの映画で一番好きなのは、「エリン・ブロコビッチ」です。

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

法廷モノの映画で一番好きなのは、「エリン・ブロコビッチ」です

法廷モノの映画で一番好きなのは、「エリン・ブロコビッチ」です。
ジュリア・ロバーツが主演で、実在の人物を演じた作品です。

最初、行きつけの歯医者の診察台に備え付けられているモニターで途中から見たのですが、面白くて釘づけになってしまい、治療を終えて帰ってから、すぐにDVDを借りて来て、最初から最後まで見たのでした。
登場人物が実在の女性、というところも興味深かったし、ちゃんとした教育を受けていないシングルマザーの女性が、どうやってこの難しい問題を乗り越えていくのか、というのがとても面白かったのです。

無学で、シングルマザー、無職、がさつな振る舞い、ケバイ服装、貧乏、と色々不利な点を沢山持っている彼女ですが、それに勝る努力とエネルギーで難題をクリアしていくのです。
訴訟相手の弁護士に鼻であしらわれて、ガツンと言い返したり、相手の質問にも即座に答える頭の良さを持っていて、さすがと思わせました。
この押しの強さ、負けん気、強引さ、無遠慮さというのは、日本人ではちょっと考えられない気もしますが、パワフルな女性は見ていて気持ちが良いものです。

観終わった後、とても爽快感のある映画で大好きな作品です。

おすすめ記事

Copyright (C)2017法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き.All rights reserved.