シリアスな法廷もののドラマや映画は見ていて疲れるし、途中で集中力が無くなって内容を把握できなくなることが多いのであまり好きではないのだが、テレビドラマの「7人の女弁護士」

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

シリアスな法廷もののドラマや映画は見ていて疲れるし

シリアスな法廷もののドラマや映画は見ていて疲れるし、途中で集中力が無くなって内容を把握できなくなることが多いのであまり好きではないのだが、テレビドラマの「7人の女弁護士」のように法廷もの感が強くなく、普通のドラマ感が濃い内容のものや、コミカル感もプラスされている「離婚弁護士」「リーガルハイ」は好きだ。
「離婚弁護士」は、題材が身近に感じられるものが多く、法律問題を軸にコミカルなメンバーでリズミカルに話が展開していくので見ていて引き込まれ、あっという間に時間が過ぎる。天海祐希さんが演じる女弁護士はとてもかっこよくて、憧れの女性像だ。「離婚弁護士」より「リーガルハイ」の方が、法廷もの感がやや強いが、こちらの方が好きだ。主人公のセリフはとにかく長く、言っている内容も弁護士的なものだが、聞いていて疲れないどころかどんどん引き込まれる。主人公のインパクトが強く、とても面白いのだが、これは堺雅人さんの演技力が大きく影響していると思う。
どちらのドラマも、主人公がはまり役だったのも、ドラマを魅力的にしている一要因だと思う。

おすすめ記事

Copyright (C)2017法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き.All rights reserved.