好きというよりも、未だに印象強く残っている映画作品が一つあります。

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き

好きというよりも、未だに印象強く残っている映画作品が一つあります

好きというよりも、未だに印象強く残っている映画作品が一つあります。それは、「それでもボクはやってない」です。

この映画作品がテレビ放送された時に観たのですが、そのテーマが冤罪、しかもきっかけとなったのが、電車内での痴漢行為という事もあって、観終わった後は、とても考えさせられる作品でした。
私も電車を利用して通勤している一人で、特に痴漢行為が多いと言われている路線を利用しているということもあって、とても他人事とは思えませんでした。

示談、つまり罪を認めた方が何かと都合が良いという周囲の声を聞き入れず、ひたすら無罪である事を主張し続ける様子は、つい頑張れ、と応援しながら観てしまったのですが、途中に出てくる痴漢冤罪が認められる確率がほぼゼロに近い点は、一番の衝撃を受けたシーンでした。
無罪を主張する法廷のシーン以上に、そこで主張する為の準備についての苦労や、周囲の理解者の存在、その一方で犯罪者と決め付けて遠ざかっていく人たち、何もかもがリアルすぎて、後半部分は観ていたというよりも、ただただ見入っていたという表現の方が適していたと思います。犯罪の中でも、特に軽蔑される傾向にある痴漢行為。もし、自分が法廷に立たせられて、そこで戦う事になったならと考えると、とても無理だとしか思えませんでした。

この映画作品は海外からも注目を浴びたそうですが、まだ観た事がない日本人、特に主人公になってしまうかもしれない同世代の男性には、是非観て欲しいと思っています。

Copyright (C)2017法廷モノのドラマ、映画や小説ならこれが好き.All rights reserved.